ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

Profile & Policy

  • くじら
    (プライバシーポリシー/注意事項)

Bakatter

新着トラックバック

   

過去ログ

   
        

Feed

エントリー

カテゴリー「ツバメ拾いました2」の検索結果は以下のとおりです。

ツバメ拾いました~SecondSeason 9話目 育成後半から初飛行~

ファイル 228-1.jpg
大人の羽根が生え揃ってくる頃から少しずつ口をあけて挿し餌を食べようとしなくなりました。
なのでいよいよミルワームの出番・・・ですが・・・
こうして順調に育って・・・いるのですが・・・少し小さい感じがします。
どうも個体的なものなのかもしれません

おなかが空くとミルワームを食べる事は食べます・・・が・・・。
なんだか反応が鈍いです。

今までの子達はクレー!って貪欲なのですが、ツーはあまり餌に貪欲ではないみたいです。
餌に対する反応がどうも鈍く動く物をあまり目で追わない。興味が無いというか好奇心が薄い・・・ような感覚。
まいったなコレは・・・。

目の前を蚊が飛んでても反応ナシ・・・。おいおい見えてないのか・・・?
でもイロイロやるとたまに目で追うのでそうでも無さそうです。
野生感の鈍い子・・・そんな感じです。

羽根の生え方も最初はイマイチでした。
ミルになってあまり食べないので短期間でも影響がでてるのかもしれません。

ただでさえ小さめな子なので栄養はしっかり取らせたいのですが。。
とりあえず飲み水にハチミツや液体の栄養剤を混ぜてなんとかごまかしごまかし与えました。
プラのスプーンに水を乗せてくちばしに持っていくと自分で口を空けてでも飲むんです。何故水は?不思議です。

せめて挿し餌を食べてくれればなぁ・・・
挿し餌・・・挿し餌・・・ピーン!余計な事ひらめいた(ぇ

まず練り餌+栄養補助+液体カルシウム+カロリーアップ(半熟フルーツ+ハチミツ少々)を硬めに混ぜる!
給餌器のスポイトで出す!
少し乾かす!
じゃ~ん!オリジナルペレット半生タイプ完成~♪
ファイル 228-2.jpg
見た目はアレですがwww中身は栄養満点としてますww
コイツを喰わせればw
「ほーれほれ餌だぞ♪。。。」
・・・そんな簡単には食べてくれません。

こんな事は想定内w
ミルワームをピンセットに摘んで目の前にチラ・・・口パカ♪
このワンチャンにさっとペレットとすれ違えて放り込む!失敗orz
スプーンに乗せる・・・食ったwwwww

でもバレると次から食べなく。
こういう変な所は賢いorz

ミルワーム、水を繰り返しながらペレットを無理やり食べさせます。
ホントこの頃が一番苦労したかもしれません。

こうしてなんとかペレットに馴れさせ少しずつ少しずつ食べるようになってくれました。
これで状態に合わせてペレットの内容を変えれば痩せ細ったり栄養失調にならないで済みそうです。

でもこれほど急に食べ物に興味を示さないのもまいったな・・・
少し時間置いておなかが空くまで放置しててもあまり食べ物に貪欲ではありません。
今までの子達と違いすぎる(汗

鳥の個体差や性格がそれぞれ違うのはあるのは経験からも分かってたつもりですが・・・。
流石に教科書どおりにはいきません。教科書ないけどwww
今回は絶対普通じゃねぇぇぇぇ!(心の中で叫びました)

拒食症の気があるのか?くらい食べものに貪欲じゃありません。
この時は1万歩くらい放鳥が遠ざかった気分でした。
泣きたかったですシクシク・・・。

兄弟が巣立ちする頃になってもマダ飛べません。
というか飛ぶまで至ってません。
私が寝てると上から飛び付いてくるオチャメさは見せるんですけど(w

飛べて食べ物にも貪欲なら兄弟と一緒に放すのも手と思ってましたが・・・それは脆くも崩れ(ガララララ・・・
そうこうしているウチに数日が過ぎ・・・兄弟の姿は見えなくなりました。

どこか悪いのかな~・・・よーく見るとどうも尾羽の裏側の先が白っぽくどことなく不自然です・・・。
栄養失調?タンパク不足?・・・う~ん。。。

放射能の影響でもそうなるツバメの例もあるようですが・・・まさか・・・ね・・・。
学者じゃないので断定はできません。

栄養的な問題か個体差と思っておくことにします。
というか例え変な事であってもどうしろと?です。
とにかく今は飛べるように手を尽くすだけです。

ツーは飛ぶよりも歩くのが上手になります。
この頃は巣でじっとする事はなく飛びついてくるようになりました。
馴れてくれるのはカワイイんだけど・・・。

手から肩まで全速力で登るようになってはがしてもはがしても肩に上るようになっていました。
何故か肩でウンコはしないエライ子www
「イイコイイコ♪」
などとここで褒めちゃったせいか。以来肩に乗る=【とても嬉しいor良い事】という認識になったのか余計離れなくorz

ほんの僅かな体験が性格を作っていくんですね。
それもドコで何を学習するかは此方ではどうしようもない。
自我というのが芽生えてる証拠なのかもしれません。

ペレットを食べだしてからはなんとか羽も少しずつ丈夫になってきたようです。
若干白っぽいところがあるのが気になりますが・・・きっと模様模様(笑
糞を観察すると思った以上にミルワームも消化しています。
前代のツバメのちゅーは殆ど未消化でしたからそれに比べれば胃腸はカナリ丈夫そうです。
あとは食欲だけなんだけどナ~ホント。

それにしても結構動き回るのになかなか飛ぶまで至りません。
これは歩き出した頃の動画。ピノが最後チョッカイ出してますw

今見ても元気は元気なんですけどね。

エサもペレットなんて食べてるようじゃダメです、かといってミルだけじゃ・・・。
アレやるか・・・(汗

イ・ナ・ゴ・さ・ん♪(天然物)

今回も結局、できれば虫なんて嫌だぁぁぁあ!ーーーw
でも新鮮なイナゴ確保する為、廃田にwww
不審者だよぜってーw
放射能?シルカー!www
もうどーにでもなーれー(ヤケクソ)
こうして体長5mm前後の子イナゴを捕獲。

ツーに与えてみると・・・食べません・・
エサとして完璧に認識してませんwwwもう笑うしかねえwwwww
これはヤバイ1万歩どころか100万歩後退(苦笑)

その上イナゴさんにしっかり頭の上に乗られてますイナゴにナメられてますwww
100万どころかスカウター崩壊だよ!wwwww

食欲は薄い、動く物を目で追わない、食べ物を認識しない
三拍子揃ってお先真っ暗でした。
オマケにベタ馴れだし・・・(w
飼うかもうwwwってくらい一時は諦めかけましたww

お兄ちゃん達(前代のツバメ)は食欲だけは凄かったぞ!食欲だけはな!(w

何度も何度もピンセットでイナゴを振り回してるウチにパク♪

ぉ?ぉ?キター!

一つ食べたら野生の血が目覚めたのか少しずつピンセットを目で追って食べるようになりました。
やっぱり小さいウチから虫を食べさせないとダメなのかもしれません。

ミルワーム数匹とペレットをピンセットで与える日々が・・・

そうこうしてるウチにフラフラと・・・パタパタ・・・ふわっ・・・!?
一筋の光明です。

<< 8話目  10話目 >>

ページ移動